PAGETOP

税を考える週間~YTS経済同友会「提言の広場」
2017年11月17日

~山形の地酒・霞城寿~
11月11日放送、YTS山形テレビの経済同友会「提言の広場」

出演させていただきました。
「提言の広場」はYTSの開局以来続いている番組で、

これからの山形と東北・日本・世界の経済を中心とした社会全般について提言、

「青少年に見てもらいたい番組」にも認定されている山形の御長寿番組です。
この度の内容は、税金について。
「11月11日から税を考える週間が始まります。
先月の衆院選でも、消費税の引き上げは重要な争点となり
その税収の使い道についても議論が交わされました。
私たちの暮らしになくてはならない税金について考える」です。

酒税は国税の柱の一つ。

酒質第1、安心・安全、美味しい日本酒を皆様に!
寿虎屋酒造は、これからも「国酒」清酒製造という立場から責任と義務を果たし、

社会貢献して参ります。

出演者の皆様、YTS様、大変お世話になり、ありがとうございました!

良い記念となる機会をいただきました事、心より感謝申し上げます

 

<出演>
■ 山形税務署長 工藤 繁昭 氏
■ 寿虎屋酒造(株) 取締役 大沼 美奈子 氏
■ 山形経済同友会会員
  日本銀行山形事務所長 清水 丈典 氏

寿虎屋酒造

寿虎屋酒造

寿虎屋酒造

~ジョイ・オブ・サケ東京2017~ 
2017年10月23日

<ジョイ・オブ・サケ東京2017の御案内>

 

銘酒381選と一流レストラン14店の夢の饗宴、11月1日開催!

第17回 U.S National Sake Appraisal(全米日本酒鑑評会)にて

ダブルで金賞を受賞、弊社自慢の

「大吟醸 寿久蔵」  「純米 霞城寿」を味わってみませんか。

大吟醸 寿久蔵

純米 霞城寿

 

本家 寿虎屋酒造株式会社

 

大吟醸寿久蔵・純米霞城寿

 

純米 霞城寿

ミス日本酒の田中梨乃さんを筆頭に4名の ミス日本酒がお燗酒を振舞ってくれます!

どうぞお楽しみに!

大吟醸寿久蔵・純米霞城寿

 

中秋の名月
2017年10月05日

10月4日は「中秋の名月」

酒蔵からも東の空、綺麗に見えました。写真は17時20分頃の月です。

ここから見る月は、京都と山形、

地形が類似しているということもあってか、

京都市東山に上る月の姿に良く似ています。

本日も思わず、一句詠んでみたくなるほど美しい月でした。

 

~ 「名月を取ってくれろと泣く子かな」  小林一茶 ~

 

    ~ 「月月に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月」  詠み人知らず~

 

寿虎屋酒造

月が姿を現す前15時30分頃には北東の空に虹も姿を現しています!

幾つになっても思わず嬉しくなり、見入ってしまう魅力が虹にはありますね。

寿虎屋酒造

そんな美しい風景を愛でながら・・・

枝豆クリームチーズを「あて」にしみじみと御燗酒で晩酌。

枝豆を口に入れ噛み御燗酒を一口、口の中で混ぜ合わせる味を楽しみながら呑み込む。

クリームチーズを一口、半分溶けた位のところで御燗酒を一口、

口の中で混ぜ合わせる味を楽しみながら呑み込む。

圧倒的な旨さが生まれる瞬間を体感できます。

その原理・原則は折に触れ紹介していきますのでどうぞお楽しみに!

 

 

~Keep on going!(キープ オン ゴーイング!)~
2017年09月27日

~Keep on going!(キープ オン ゴーイング!)~

 

結果に満足せず、探究心を以って酒質向上に取り組む、

それが寿虎屋酒造酒造りの姿勢です。

 

 

寿虎屋酒造

昨日、工業技術センターにて山形県研醸会学習会が催され、参加してまいりました。

山形県研醸会は、

山形県内技術者の技術研鑚と情報交換、仲間作りを行なうため、

結束力と情報交換力に優れていた既存の杜氏組合を超えるような

技術的な中身の濃い集団を作ろうという思いから設立されました。

今年で31周年を迎えます。

会としては、全国鑑評会出品酒検討会、

研究班(酵母班、酒米班、市販酒班)による活動、

新酵母の開発、他県に類を見ない会員相互のオープンな技術交流等様々な活動により、

それぞれの蔵の独自性を創り上げ、

山形酒全体の酒質向上、底上げに大きく貢献。

全国鑑評会や市販酒コンテスト等では常に上位を占め、

産地イメージでも永年他県を圧倒し、今日の吟醸王国山形の礎を築き上げが認められ

総じて柔らかく、きれいな酒の山形酒は地理的表示GI「山形」取得に至っております。

純米 霞城寿

諸先輩方のこれまでの取り組みに感謝しつつ、

定期的に行なわれる勉強会、

積極的に参加し弊社の酒質向上につなげて参りたいと思います。

 

~keep on going!(キープ オン ゴーイング!)~

 

結果に満足せず、探究心を以って酒質向上に取り組む、

それが寿虎屋酒造酒造りへの姿勢です。

 

 

 

 

 

秋のお彼岸と「おはぎ」~共生~
2017年09月22日
酒質第1、今期もはりきって良い日本酒醸して参ります。
皆様、どうぞお楽しみに!
お知らせ・やまがた酒コレクション ~2017 秋~
2017年09月19日

秋の夜長に・・・

美味しい日本酒を満喫しませんか。

 

 

大吟醸 寿久蔵  

お問い合わせ先      (詳しくは上の画像をクリック)

山形県酒造組合
☎ 023-641-4050
fax:023-631-0903    


            ◆日 時  :平成29年10月1日(日)午後3:30~
            ◆場 所  : ホテルメトロポリタン山形
            【タイムスケジュール】
           ●GI「山形」指定記念セミナー  15:30~16:30
               参加費 1000円 100名様限定
           ●「山形酒で乾杯!やまがた酒コレクション~2017 秋~」
              17:15 ~(17:30 全国一斉乾杯)~18:45
               参加費 4500円(立食)  500名様限定

 


                 

ふるっての御参加、お待ちしています!

山形日本一の芋煮会フェスティバル開催!
2017年09月15日

山形日本一の芋煮会フェスティバル 9月17日開催予定!

寿虎屋酒造では、

毎年、 芋煮会には欠かせない調味料として、「日本酒」を寄付しています。

「GI山形」寿虎屋酒造の本醸造霞城寿で味付けした 美味しい芋煮会、

是非皆様食べにいらしてください!

寿虎屋酒造

本醸造 金扇 霞城寿

 

肉好きにはたまらない、肉フェスも同時開催!

~祝!眞子内親王様の御婚約内定、心よりお祝い申し上げます。~
2017年09月05日

祝!~眞子内親王様、小室様~

御婚約内定、まことにおめでとうございました。

一同、心よりお祝い申し上げます。

 

角樽

29BY・造り始まります!
2017年08月30日

今の時期になると虎屋の蔵人は皆、

自然と心新たに造りと向き合う準備を始めるようになります。

今期は若手蔵人を増員し、29BYの酒造りがはじまります!

    勉強会、呑み切りを経て・・・

寿虎屋酒造

寿虎屋酒造

寿虎屋酒造

           

厳粛にご祈祷。

ホラ貝の音に身を引き締め、

良い酒が醸されますように、そして、造り期間の安全無事を祈ります。

三百年間脈々と続けてきた年間行事です。

準備万端。

虎屋の酒造り、いよいよ本格始動です!

寿虎屋酒造

寿虎屋酒造

寿虎屋酒造

寿虎屋酒造

酒質第一の酒造り、真摯に取り組んで参ります!

今期は新たなチャレンジも盛り沢山。

皆様、楽しみにお待ち下さいませ。(#^.^#)

 

 

 愛酒の日(8月24日 )と若山牧水
2017年08月25日

みなさん、8月24日は「愛酒の日」ってご存知でしたか?

お酒を愛してやまなかった歌人・若山牧水(わかやまぼくすい)の誕生日が1885年のこの日であったことから、「愛酒の日」となったという経緯があるようです。

 

「人の世に たのしみ多し 然れども 酒なしにして なにのたのしみ」

 

など、若山牧水は酒にまつわる歌を多く発表しています。

“のんべえ” 歌人が生まれた日、記念日を言い訳にして、

週末、美味しいお酒に舌鼓を打ってみるのも・・・♪

 

【自然と酒を愛した歌人、若山牧水】

 

そもそも「愛酒の日」が生まれるきっかけとなった若山牧水という歌人は、

どんな人物なのでしょうか。

牧水は宮崎県東臼杵郡東郷村生まれ。

早稲田大学在学中から作歌、執筆活動に入ります。

若い頃は人妻との道ならぬ恋、友人である石川啄木の死、家業を継ぐよう故郷に連れ戻されるなど、苦悩多き日々を過ごしたようです。

当時の代表作に青春の哀歓を歌った歌集『別離』があります。

その後は沼津の自然と風土に魅せられたことをきっかけに、一家をあげて移住。

1928年に43歳の若さで亡くなるまで、歌集「山桜の歌」を発表するなど精力的に活動していたのだそうです。千本松原の保存運動を行うなど、お酒と同じくらいに自然をも愛した方だったようです。

 

~「お酒の美味さを詠んだ句」をどうぞ~

 

「白玉の 歯にしみとほる 秋の夜の 酒はしづかに 飲むべかりけり」

 

 

しみじみと、歯にしみいるほどの至極の一滴……。

秋の夜に吹く気持ちいい風と相まって、

さぞかし美味しいお酒だったであろうことが想像できる歌です。

かつて牧水さんが過ごした至福の時に思いを馳せて、

今夜は日本酒で一杯・・・

皆さんも一句詠んでみませんか?(#^.^#)

そ・し・て・・・

いつの世も「お酒はほどほどに」が鉄則なのかもしれません。

お酒が美味しくいただけるのも、健康な体あってこそ……!

寿虎屋酒造

 

 

       <山形県産のリンドウで一種生け>

 

寿虎屋酒造

寿虎屋酒造