PAGETOP

『日本の宝物山形県大会』準グランプリ
2019年12月09日

この度「無濾過槽前原酒 本醸造 三百年の掟やぶり」

 

『日本の宝物 山形県大会』において 

 

「準グランプリ」に選出頂きました!

 

大変光栄に存じます。

 

本当にありがとうございました。

 

『日本の宝物』とは   画像をクリック

 

 

 

 

 

寿虎屋酒造

 

 

新酒蔵出し開始しております。

 

順次、お近くの酒販店で発売されて参ります。

 

皆様のエスプリになれましたら幸いです。

 

ご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

 

第23回山形県の物産と観光展開催のご案内
2019年11月26日

新宿西口イベントスペースで行われる

第23回山形県の物産と観光展

にて、試飲即売会を行います。

 

期間:2019年12月9日(月)~12月15日(日)7日間

場所:新宿西口イベントスペース

 

 

弊社参加商品は2品です。

 

雄町サミット 2019 優等賞受賞酒
①【霞城寿 大吟醸  雄町】720㎖⇒2200円(税別)

 

霞城寿 大吟醸 雄町

 

純米酒大賞最高金賞受賞酒
山形県研醸会第1位選出酒
②【純米吟醸 霞城寿 出羽燦々】 720㎖⇒1570円(税別)

 

DEWA33 1.8L 720ml

 

純米吟醸出羽燦々

 

皆様のお越しをお待ちしております。

秋の山形 味覚めぐりのご案内
2019年11月19日

秋の山形 味覚めぐりのご案内

 

主催 山形市
後援 千代田区

 

日時:11月24日(日)10:00~16:00
会場:ワテラスコモン1階サロン・広場
(東京都千代田区神田淡路町2-101、105)

 

 東京(千代田区神田淡路町)にある複合施設「ワテラス(WATERRAS)」の勤労感謝祭に合わせ、山形の秋の味覚を味わい、楽しんでいただくイベント「秋の山形 味覚めぐり」に参加します。
 

寿虎屋酒造は半澤鶏卵様のあの人気商品
味付き半熟燻製卵「スもっち」とコラボ販売決定!
濃厚な旨味の燻製卵とマリアージュの楽しさを追求、
厳選した日本酒3種類をご紹介いたします。

美味しい❣

 

 

蔵王山系伏流水軟水仕込みの日本酒

東京初!【本醸造 金扇 霞城寿】

山形の地酒として愛され続けてきた商品です。初めての味わいをお楽しみ下さい。

 

 

 

 

第11回雄町サミット歓評会優等賞受賞酒2019
【霞城寿 大吟醸 雄町】

霞城寿 大吟醸 雄町

 

 

 

純米酒大賞最高金賞受賞酒
山形県研醸会第1位選出酒
【純米吟醸 霞城寿 出羽燦々】

 

DEWA33 1.8L 720ml

 

 

当日は、親子で芋煮づくりを体験する「親子体験芋煮会」の開催や、山形の郷土料理「山形芋煮」「玉こんにゃく」を販売します。
 また、近年、注目を集めている米どころ、酒どころ山形の地酒を多数ご用意し、飲み比べを楽しんでいただくイベント「やまがたの酒と肴」もあわせて開催します。
 当日は、「ミス花笠」と民俗文化サークル「四方山会」が会場に駆けつけ、花笠踊りを披露するのはもちろんのこと、踊り方をお教えし、みんなで花笠踊りにチャレンジします。
 山形市の食や祭りを紹介するこのイベントに足をお運びいただき、山形の魅力を体感してください。
お待ちしてます。

日時:11月24日(日)10:00~16:00
会場:ワテラスコモン1階サロン・広場
(東京都千代田区神田淡路町2-101、105)

「東北・TOHOKU再発見フェア」試飲即売会のご案内
2019年11月15日

行くぜ、東北。冬のごほうび!

仙台駅内にて開催される物産展「東北・TOHOKU再発見フェア」にて

試飲即売会を行います。

運 営 JR 東日本東北総合サービス㈱、㈱日本レストランエンタプライズ

会場:仙台駅(〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1丁目10−10)
   2階ステンドグラス前
期間:2019年11月20日(水)〜26日(火)
時間:①11/20〜21〈10:00〜20:00〉
   ②11/22〜23〈10:00〜21:00〉
   ③11/24〜25〈10:00〜20:00〉
   ④11/26(最終日)〈10:00〜19:00〉

弊社参加商品は2品です。

 

雄町サミット 2019 優等賞受賞酒
①【霞城寿 大吟醸  雄町】720㎖⇒2200円(税別)

 

 

霞城寿 大吟醸 雄町

 

純米酒大賞最高金賞受賞酒
山形県研醸会第1位選出酒
②【純米吟醸 霞城寿 出羽燦々 冷やおろし720㎖⇒1570円(税別)

純米吟醸 霞城寿 出羽燦々

純米吟醸出羽燦々

 
 
皆様のお越しをお待ちしております。
『大吟醸 寿久蔵』だいぎんじょう じゅきゅうくら
2019年11月10日
【霞城寿】かじょうことぶき
〖蔵王山系伏流水・軟水仕込み〗
 
令和元年東北清酒鑑評会
 吟醸酒の部 優等賞受賞酒
『大吟醸 寿久蔵』
だいぎんじょう じゅきゅうくら
720㎖ / 4730円(税込)
 
 
大吟醸 寿久蔵
 
 
国酒は神代の昔から
厄を払い、運気上昇をもたらすアイテム
令和の年は生活に
日本の粋を取り入れてみませんか?
「寿よ久しかれ」の名を拝し、
皆様の幸せを心より願う日本酒
『大吟醸 寿久蔵』
だいぎんじょう じゅきゅうくら
 
寿久蔵シリーズには他にも
 
純米大吟醸 寿久蔵
 
 
 
 
長期熟成酒 大吟醸 寿久蔵 
 
 
の、3商品ございます。
 
年末のご贈答品に
クリスマスのプレゼントに
頑張った自分へのご褒美にお薦め。
至福の時間となります様に。
 
 
令和元年東北清酒鑑評会 優等賞受賞
2019年11月06日

仙 台 国 税 局 鑑 定 官 室

 

令和元年東北清酒鑑評会  

 

吟醸酒の部 優等賞

 

山形 寿虎屋酒造株式会社 『寿久蔵』

 

大吟醸 寿久蔵

 

夏を越し、豊かに熟成した酒を見る大会の清酒鑑評会。

聞くところによれば、東北の鑑評会は、

全国の新酒鑑評会よりも受賞が難しく、

狭き門の品評会と言われているとの事。

 

昨年に引き続き、受賞の栄誉を頂戴いたしました事

大変光栄に存じます。

これを励みとし、益々の精進に努めて参ります。

今後共、皆様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

新酒のご案内 
2019年11月02日

〖霞城寿 かじょうことぶき〗
~蔵王山系高瀬川伏流水仕込み(軟水)~

 

【新酒】

11月6日から発売開始致します。

 

~爽酒~

本生酒タイプ【純米にごり酒 霞城寿】

 

純米にごり酒霞城寿

 

 

 

酵母が生きている活性清酒です。

 

爽やかな香りや微妙な発泡性、

 

自然な米の旨み・コクをお楽しみください。

 

数量限定商品

 

開栓時には十分ご注意ください。

 

(精米歩合60%出羽の里)

 

720ml 1200円税別
第11回雄町サミット 歓評会 優等賞受賞 表彰タテ拝受
2019年10月31日

本日、第11回雄町サミット 歓評会 優等賞受賞 表彰タテを

謹んで拝受いたしました。

 

霞城寿 大吟醸 雄町

 

霞城寿 大吟醸 雄町

 

霞城寿 大吟醸 雄町

 

霞城寿 大吟醸雄町

 

2019第11回雄町サミット 歓評会 優等賞受賞酒
 【霞城寿 大吟醸 雄町】かじょうことぶき だいぎんじょう おまち

 1.8ℓ⇒5280円 / 720㎖⇒2420円(税込み)

 

雄町は純血種酒米の中で最も古い品種で、山田錦や五百万石といった、現在使用されているほとんどの酒造好適米のルーツとされています。
その雄町で醸した日本酒のみが全国から集結して開催されるのが今年で11回目を迎えた「雄町サミット」。
7月30日に開催された本年サミットでは135の酒蔵から215点が出品され、うち吟醸酒は137点。
山形県からも13点の出品があり、当社を含む3点が
優等賞を受賞しました。

日本にとどまらず、海外の皆様からも味わって頂けます事、
大変光栄に存じます。
岡山県の米農家の皆様に敬意を表し、
受賞を励みとし、益々の研鑽に努めてまいります。
誠にありがとうございました。

今後共、益々のご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

伊勢丹立川店「第3回とっておきの山形展」開催のお知らせ
2019年10月16日

伊勢丹立川店において

「第3回とっておきの山形展開催

 

期間:2019年10月23日(水)~28日(月)6日間

 

 山形は秋の味覚・魅力と共に地酒をお届け致します。

試飲即売で2品ご用意しました。

 

 

 

雄町サミット 2019 優等賞受賞酒
①【霞城寿 大吟醸  雄町】

 

大吟醸 雄町

 

 

 

純米酒大賞最高金賞受賞酒
山形県研醸会第1位選出酒
②【純米吟醸 霞城寿 出羽燦々 冷やおろし】

 

DEWA33 1.8L 720ml

こちらの商品は純米吟醸酒「DEWA33」です。
 
これには次のような酒質基準が求められます。
・「出羽燦々」を100%使用していること
・純米吟醸酒であること
・精米歩合55%以下であること
・山形酵母を使用していること
・山形オリジナル麹菌「オリーゼ山形」使用のこと
 
 これらの基準に適合し、厳正な審査会を通って初めて「DEWA33」の称号が与えられ、「純正山形酒審査会認定証」が貼られます。山形の酒の誇りと責任の証しです。

 

 

夏を越して旨味とまろやかさが一層増した 

弊社のこの酒、実は・・・恐縮にも

  

 kotobukitoraya.co.jp/2018/09/  という

 

県研醸会山形蔵元皆様から選出頂いたプレミアム酒となってございます。

この秋、是非お試しください。

 

皆様のお越しをお待ちしています。

雄町ファン【オマチスト】と【霞城寿 大吟醸 雄町】
2019年09月27日

雄町サミット 歓評会 優等賞受賞酒
 【霞城寿 大吟醸  雄町】

 

 

オマチストがこよなく愛する酒造好適米「雄町」ってどんなお米? 

 

寿虎屋酒造では、こだわりの岡山県産雄町を20年以上使用、

醸し続けています。

 

《雄町米の歴史》
1859年(安政6年)に備前国上道郡高島村字雄町(現岡山市中区雄町)の農家、岸本甚造(きしもと・じんぞう)が伯耆大山という鳥取県の最高峰の山に参拝した帰り道に、珍しい2本の穂を見つけ、持ち帰って栽培したのが雄町の誕生のきっかけ。

当時は、2本の草から「二本草」と呼ばれていましたが、岡山の雄町にいい酒米があるとうわさが広がり、いつしか「雄町」と呼ばれるようになります。
(たまたま見つけた米が、酒米として最高に質がよかったという事)

 

雄町は純血種酒米の中で最も古い品種で、山田錦や五百万石といった、

現在使用されているほとんどの酒造好適米のルーツとされています。

《まぼろしの米》
長い間、酒米の王座を譲らなかった「雄町米」ですが、収量が少なく栽培が大変難しいというハンデがある上、戦争時中は、食用米の栽培に必要が迫られ、生産者が減りました。全国の蔵元から渇望されながら、入手困難な酒米”まぼろしの米”と呼ばれるようになったのです。

栽培の難しさと戦争の影響で、生産者は減少

岡山県では、戦前4000haあった雄町の作付けは、昭和48年には3haまで減少し絶滅の危機を迎えましたが、岡山県の酒造メーカーを中心に栽培を復活させ、現在は500haまで回復を遂げました。現在、生産量の約95%を岡山県産が占めています。

また、雄町好きのオマチストが増えたことにより、さらに増加傾向にあります。

 


その雄町で醸した日本酒のみが全国から集結して開催されるのが

今年で11回目を迎えた「雄町サミット」
7月30日に開催された本年サミットでは135の酒蔵から215点が出品され、

うち吟醸酒は137点。
山形県からも13点の出品があり、

当社を含む3点が
優等賞を受賞しました。

日本にとどまらず、海外の皆様からも味わって頂けます事、

大変嬉しく思っています。
今後共、益々のご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

大吟醸 雄町

 

1.8ℓ⇒4800円 / 720㎖⇒2200円(税別)

 

 


岡山県の米農家の皆様に敬意を表し、
受賞を励みとし、益々の研鑽に努めてまいります。
誠にありがとうございました。