PAGETOP

令和元年BYはじまり
2019年09月20日

いよいよ令和仕込み、第1回目はじまりです。

 

造りをはじめるにあたり、

まずは何より創業以来三百年以上

脈々と続いてきた「醸造の祖神」松尾大社、御祈祷を執り行います。

蔵人一同、誠心誠意真心を込め、感謝と敬いの気持ちをもって臨みます。

 

 

寿虎屋酒造株式会社

 

寿虎屋酒造株式会社

 

寿虎屋酒造株式会社

 

寿虎屋酒造株式会社

 

 

寿虎屋酒造株式会社

寿虎屋酒造株式会社

 

 

皆の健康と安全、そして最高の日本酒が醸し出せますように

平安と安泰を御祈祷頂きました。

心ひとつにし、精進に励む所存でございます。

令和元年BYもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新酒出来ました際は改めてお知らせいたします。

楽しみにお待ちくださいませ。

奥深い豊な発酵味 『山廃純米 霞城寿』 
2019年09月17日

個性的な日本酒をお求めの方に

どちらかといえば上級者、ベテラン向けの日本酒ですが、

山廃などいかがでしょうか?

 

乳酸が多く含まれる 日本酒
「生酛(きもと)」や「山廃」。
自然の状態で乳酸菌を繁殖、
大量の乳酸を造らせ、酵母を増殖。
そして醸し出されたのが

 

『山廃純米 霞城寿』

やまはいじゅんまい かじょうことぶき

 

個性豊かな深い日本酒となっています。

酒造好適米「出羽燦々」使用。
オススメはお燗酒!
限定製造のため、入手困難な地酒です。
お見かけした際はご愛顧下さいませ。

 

山廃純米 霞城寿

 

 

「GI山形」認定。【税込価格】
1.8L  3024円
720㎖  1512円
 

山廃純米 霞城寿

東急百貨店吉祥寺店  第8回 山形県の観光と物産展開催お知らせ
2019年09月10日

東急百貨店 吉祥寺店
第8回 山形県の観光と物産展開催お知らせ
9月12日(木)~17日(火)8階  

 

雄町サミット 2019 優等賞受賞酒
①【霞城寿 大吟醸  雄町】

 

大吟醸 雄町

 

純米酒大賞最高金賞受賞酒
山形県研醸会第1位選出酒
②【純米吟醸 霞城寿 出羽燦々 冷やおろし】

 

最高金賞

 

このタイムリーな2品の試飲即売会を行います。
関東では入手困難な地酒、
試飲のチャンスです!

皆様のお越しをお待ちしております。

 雄町サミット 歓評会 優等賞受賞酒【霞城寿 大吟醸 雄町】について
2019年09月09日

雄町サミット 歓評会 優等賞受賞酒
 【霞城寿 大吟醸  雄町】

 

雄町は純血種酒米の中で最も古い品種で、山田錦や五百万石といった、

現在使用されているほとんどの酒造好適米のルーツとされています。
その雄町で醸した日本酒のみが全国から集結して開催されるのが

今年で11回目を迎えた「雄町サミット」。
7月30日に開催された本年サミットでは135の酒蔵から215点が出品され、

うち吟醸酒は137点。
山形県からも13点の出品があり、

当社を含む3点が
優等賞を受賞しました。

日本にとどまらず、海外の皆様からも味わって頂けます事、

大変嬉しく思っています。
今後共、益々のご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

 

 

*動画中表記価格の訂正・・・現在価格は720ml、2200円(税別)

 

大吟醸 雄町

 

1.8ℓ⇒5184円 / 720㎖⇒2376円

 

 

大変光栄に存じます。
岡山県の米農家の皆様に敬意を表し、
受賞を励みとし、益々の研鑽に努めてまいります。
誠にありがとうございました。

『冷やおろし』発売開始のお知らせ
2019年09月03日

『純米吟醸 霞城寿 出羽燦々 冷やおろし』

発売開始致しました。

 

 
こちらの商品は純米吟醸酒「DEWA33」です。
 
これには次のような酒質基準が求められます。
・「出羽燦々」を100%使用していること
・純米吟醸酒であること
・精米歩合55%以下であること
・山形酵母を使用していること
・山形オリジナル麹菌「オリーゼ山形」使用のこと
 
 これらの基準に適合し、厳正な審査会を通って初めて「DEWA33」の称号が与えられ、「純正山形酒審査会認定証」が貼られます。山形の酒の誇りと責任の証しです。

 

 

夏を越して旨味とまろやかさが一層増した 

弊社のこの酒、実は・・・恐縮にも

  

 kotobukitoraya.co.jp/2018/09/  という

 

県研醸会山形蔵元皆様から選出頂いたプレミアム酒となってございます。

この秋、是非お試しください。

 

最高金賞

<成分>

アルコール度数16度

日本酒度   +1

酸度     1.5

アミノ酸度  1.1

純米吟醸 霞城寿 出羽燦々

 

お刺身、お寿司、懐石料理~肉じゃが、

いも煮会などの家庭料理にまでよくあいます。

 

「ひやおろし」とは?
搾りたての新酒を一度火入れしてから貯蔵し、
貯蔵庫で夏の期間、熟成させ、
秋口になって「冷や」のまま「出荷する」(卸す)ことを
「冷(ひや)卸し(おろし)」と言います。
 冬に絞ったまま出荷した(卸した)「生酒」がフレッシュな味わいであるのに比べ、「ひやおろし」は
一度火入れを加えた後に、貯蔵庫で夏の期間寝かせてあるため、
程よく熟成がすすみます。
そのため絞りたての際の粗さが取れ、味わいにまろやかな丸みと、
味わい深さを楽しめるのが特徴です。

 

「秋上がり」とは?
「ひやおろし」が夏場を越して良質に熟成した日本酒を出荷することを
意味するのに対し、
「秋上がり」とは、夏を越えて秋になって香味が円熟し旨味がのった
(熟成した、酒質が向上した)ことを指します。
逆に、うまく熟成しなかった(酒質が向上しなかった)場合は
「秋落ち」と言います。


<まとめ>
「ひやおろし」と「秋上がり」の両者は
秋の季節限定酒を表すという点では同じですが、
夏を越して秋口に良質に熟成した状態のことを
「秋上がり」と呼び、
「秋上がり」した日本酒を製品として出荷することを
「ひやおろし」と表現しています。
 
どちらも夏を越して、まろやかな深みのある味わいが特徴で、期間限定の日本酒となります。
秋がすぎてしまう前に是非季節限定の味わいをお楽しみ下さい!