PAGETOP

会社概要 会社概要 会社概要

創業江戸時代享保年間 酒造りひとすじ三百年
豊かな自然に恵まれた紅花の里、高瀬。
良質の米と清冽な水は、酒造りには欠かせないもの。
黄金色に輝く酒造好適米は、蔵王山系の伏流水で仕込まれ
杜氏や蔵人たちの技と酒への熱い心で醸し出される至福の一滴。
創業以来、三百年の歴史が築き上げてきた蔵人の心と、研ぎ澄まされた技。
そのすべてが寿虎屋の酒に生きています。
 
Kotobuki Toraya Shuzo was established in the middle of Edo era(1715~).
We use a combination of modern sake brewing technology and traditional sake brewing. Yamagata pref. HACCP certified.
We use natural soft groundwater obtained in our own well for the material. We also use 100% rice produced in Yamagata, except for yamadanishiki produced in Hyogo pref. and omachi in Okayama pref.
We brew unique sakes which consists of kuraboito’s soul and heightened skill.
 
 

 

沿革

江戸時代享保年間(西暦1715 年~) 創業。

昭和15年(1940 年) 「虎屋」中興の祖とされる大沼保吉(元 山形市長、山形商工会議所会頭、初代名誉市民)は当時「虎屋」第3工場であった寒河江工場を次男に分家して独立させる(現在の千代寿虎屋株式会社)。
同時に本家を「寿虎屋酒造」と命名する。
沿革
沿革
昭和37 年(1962年) 寿虎屋酒造の第2工場に第1工場を併合拡大して山形市中心部の七日町に地下1階地上3階1200坪の新工場を設立する。
平成元年(1989年) 1月25日より新規工場にて稼動。
敷地面積 約6,000 坪
建  坪 約2,000 坪
工費 約18 億円
水源 蔵王山系高瀬川伏流地下水(軟水)
沿革
企業理念企業理念社是
品質に誇りを持つめでたいお酒
経営理念
1.日本酒を通じて健康で明るい食文化を目指す
2.米と水を原点にやすらぎと楽しさを求め、地域に貢献する
3.会社に携わる誠実な人全ての幸せを実現する。
 
1. To build healthy and bright cuisine culture throught sake.
2. To contribute to our local community by persuiting comfortableness and happiness.
3. To achive sake making based on co-existence which makes people happy.
 
 
会社名寿虎屋酒造株式会社
代表者名代表取締役社長 大沼 幹雄
住 所〒990-2235 山形市大字中里字北田93-1
TEL:023-687-2626(代表) FAX:023-687-3301
事業内容清酒製造業(他に清酒で醸した梅酒も製造)
資本金5,000万円
従業員数21名(冬季間は27 名)

 

 

寿虎屋酒造外観

 

 

~「日本遺産(Japan Heritage)」をテロワールとした酒造り~

 

 

【県内4件目!「山寺と紅花」~山寺が支えた紅花文化~が日本遺産に認定されました!】

 

 

本県を代表する景勝地「山寺」と、県花「紅花」には、実は深いつながりがあるんです・・・

 

地域の歴史的な魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを認定する「日本遺産(Japan Heritage)」。

 

その日本遺産に、「山寺が支えた紅花文化」が今年度、新たに認定されました!

 

「出羽三山『生まれかわりの旅』」(鶴岡市、西川町、庄内町)、「北前船」(酒田市)、「サムライゆかりのシルク」(鶴岡市)に続き、本県では4件目、村山地域では初めての日本遺産の誕生です。

 

山形県の中央部に位置する村山地域は、江戸時代には日本一の紅花の産地として知られていました。


紅花を通じた交易は、莫大な富や華やかな上方文化を当地にもたらし、「白壁の蔵座敷」や、「雛人形」、「紅花染衣装」、「舞楽」などとして、今なお私たちを魅了します。

 

紅花は、山寺(宝珠山立石寺)を開山したと言われる慈覚大師らによってこの地に伝えられたとされています。


山寺の門前町である旧干布村(現在の天童市干布地区)や、立石寺を本寺とした旧高瀬村(現在の山形市高瀬地区)など、当時の山寺周辺では紅花栽培が盛んに行われ、多くの紅花商人が活躍しました。

 

また、かの有名な松尾芭蕉が、「眉掃きを俤にして紅粉の花」「行末は誰が肌ふれむ紅の花」と句を詠んだのは、山寺参詣の道すがらこの地の紅花畑を目にした時でした。

 

「山寺」と「紅花」が関わりを持ちながら紡いできた歴史や文化が、この地には様々な形で今でも息づいています。芭蕉も目にしたこの地の隆盛を、あなたもぜひ訪れて感じてみませんか?

 

≪平成30年度「山寺が支えた紅花文化」日本遺産認定について≫
http://www.pref.yamagata.jp/…/nihonisan/yamadera-benibana_n…

 

≪お問い合わせ≫
山形県教育庁文化財・生涯学習課
023-630-2875

 寿虎屋酒造株式会社寿虎屋酒造株式会社寿虎屋酒造株式会社寿虎屋酒造株式会社寿虎屋酒造株式会社寿虎屋酒造株式会社寿虎屋酒造株式会社寿虎屋酒造株式会社寿虎屋酒造株式会社寿虎屋酒造株式会社寿虎屋酒造株式会社寿虎屋酒造株式会社
寿虎屋酒造販売店