PAGETOP

酒粕・日本酒の健康効果が静かに注目される訳
2018年01月23日

日本の台所を昔から脇役として支え続けてきた酒粕。


お料理にコクを加え、美味しくする調味料としてはもちろん、
豊富に含まれるレジスタントスターチ・レジスタントプロテインは

コレステロールを下げたり、ダイエットに働きかける成分として

知られています。
この度、酒粕の健康効果に新たな発見です!

実は最新研究で、肌のコラーゲンをアップさせることが判明したそうです。

しかも、その効果はコラーゲンを作り出す細胞が減っている

40代以上にこそ発揮されるという優れものです。

酒かす摂取でコラーゲン量UP!

金沢工業大学の研究で、酒かすや日本酒に含まれる「α-EG」という成分が、

コラーゲンを作り出す線維芽細胞に働きかけ、

増殖を促進することが分かったそうです。
「α-EG」は、熱にも強いので、加熱調理をしても効果は変わりません。
1日50グラム(甘酒1~2杯分)の摂取を

2週間続けることで効果が期待できるそうです。

飲んで、食べて綺麗になれるのですね!しかもリーズナブル!

霞城寿 酒粕

 

難しい料理という概念を捨てて、毎日の食卓に「ちょいたし」して、

手軽に摂取してみてはいかがでしょうか?

おすすめは、味噌汁や味噌ラーメン、鍋料理、出来あがった状態にちょいたし。

簡単にしかも美味しく摂取出来ます!

もちろんお肉・お魚・野菜の粕漬けや本格粕煮は間違いのない美味しさです。

山形県の郷土料理で、日本海で獲れた寒鱈・岩ノリを

味噌、酒粕で味付けしてつくる「どんがら汁」があります。

寒い冬、アツアツをいただきます。

日本酒・酒粕が

美肌つくりのお役に立てるなんて光栄です!

本日、日本中が大雪。

今宵はどんがら汁と御燗酒であたたまりませんか。(#^.^#)